第2回 数独技能認定試験(中級)のお知らせ

日本数独協会は、昨年9月9日の初級試験に続き、中級の数独技能認定試験を実施することにしました。
この認定試験を受けていただくことで、数独協会が定める基準で級位が認められ、認定証が授与されます。数独をより楽しんでいただくために、ご自身の数独を解く力がどれくらいあるのか、この機会に是非挑戦してみてください。

今回の認定試験は数独のルールを十分に理解し、ある程度問題を解くことに慣れ親しんだ方々を対象として、4級から6級までの認定をいたします。お申込みいただきますと、ご自宅に試験問題が3問届きます。それを2時間以内に解いて、数独協会までご返送ください。問題が正しく解けているか、どうかが認定の基準となります。

ご自宅での受験となりますので、試験期間内のご都合のよい日にちと時間をお選びになり、集中できる環境の中で、トライしてみてください。

3級以上の上級者認定試験は次回以降開催予定ですが、上級試験に挑戦される方は、4級としての認定資格が必要になってきますので、今回の認定試験にて4級に合格されることをお勧めします。また、最近数独を始められた方や、まだ解くことに慣れていない方などを対象とした、7級から11級までの初級試験は、常時受験できるような体制にいたしますので、今しばらくお待ちください。

※第2回認定試験の申込受付を終了いたしました。
第3回についてはスケジュールが決まり次第、ホームページ・Facebookにて告知をいたします。

〜数独技能認定試験が生まれたきっかけ〜

日本数独協会は2016年より、岩手県大槌町において高齢者の自立支援事業を行っているNPO法人ソーシャルハーツの活動を応援してきました。ソーシャルハーツは東日本大震災で莫大な被害を受けた大槌町において、仮設住宅や災害公営住宅で暮らす高齢者の方々に数独を教材とした脳トレ教室を展開してきました。その結果、大変多くの方々が日常的に数独を楽しんでおられることを知り、皆様の声に応える形で日本初の認定試験を2017年9月9日に開催いたしました。

数独には私たちの笑顔の輪を広げる力があると信じています。数独協会はこれからも皆様が数独を楽しむきっかけを作ってまいります。

試験要綱

1.お申し込み方法 受験を希望される方は、下記リンク先の所定フォームに、必要な事項を書き込み、2月25日までに送信してください。協会より折り返し、確認メールをお送りいたします。
https://sudokujapan.com/examination-application/
※第2回認定試験の申込受付を終了いたしました。
第3回についてはスケジュールが決まり次第、ホームページ・Facebookにて告知をいたします。
2.認定料とお支払方法 協会より確認メールが届きましたら、銀行振込もしくはクレジットカード振込で2月28日までに認定料をお振込みください。認定料は3,000円です。(お振込み手数料はご負担ください。)お振込み確認後、自動で受付確認メールが届きますので、問題なく届いているのかお確かめください。
3.問題用紙の送付と解答の返送 受験者登録を完了された方に3月12日より、数独の問題用紙と「答えの書き方」を送付いたします。「書き方」に従い、問題用紙に解答を書き込み、3月31日までに、同封された封筒で数独協会まで返送してください。
4.採点と認定証の送付 数独協会にて採点をしまして、級位を認定します。5月中旬までにはお手元に認定証が送付される予定です。
5.試験内容 中級クラスの問題3問を2時間以内で解いていただきます。3問正解で4級、2問正解で5級、1問正解で6級と認定いたします。問題制作は株式会社ニコリです。認定試験用に新たに作られた問題で、過去どの本にも載っておりません。難易度のレベルとしては、同社の基準でレベル3~8程度となります。出版物ですと同社刊行の「とびっきり数独」相当となります。
6.主催及び協賛 主催:一般社団法人日本数独協会
協賛:株式会社ニコリ